小澤廉、典型的なDVで元恋人が自殺未遂?同棲自宅の場所や現在は?

12月14日、小澤廉さんが所属していた事務所との契約を解除したと報道されました。その報道の中には、小澤廉さんが元恋人である女性に対して行っていた暴力や暴言について触れられており、その情報を小澤廉さんが事実であることを認めたため、マネジメント契約を解除したということでした。
一体何があったのでしょうか?

小澤廉とは?プロフィールを解説

  • 小澤廉
  • 1991年8月12日生まれ
  • 29歳
  • 神奈川県出身
  • A型

2013年から活動されているようですね。芸能界入りのきっかけは明星大学在学中のスカウトだったそうです。

エンターテイメントグループのB2takes!のメンバーとして活動された後は、仮面ライダーに出演して俳優としてのお仕事もスタートされています。その後は舞台や、朝の情報番組でのお天気お兄さんの等幅広く活動されていました。

小澤廉DV被害を受けた元恋人女性はだれ?

今回被害者となった元恋人の女性は一般人の方のようなので、お名前などは報道されていません。この女性との交際は5年以上も続いたそうで、結婚を約束して同棲もしていたようです。お付き合いが始まったのは、この女性が16歳の高校生の頃からだということですから、現在は21歳になられているのでしょうね。

一部では、声優の遠藤ゆかりさんと交際しているのではと噂されていました。おそろいの服での匂わせや、仕事での共演などからそのような噂があったようですが、小澤廉さんは完全に否定されているので、コのお相手女性は遠藤ゆかりさんではないようです。

小澤廉に降りかかる日常的な暴力被害

5年以上ものお付き合いとのことですが、お相手の女性としては小澤廉さんが初めての恋人だったそうで、暴力や暴言があってもなかなか離れることができずにいたようです。

初めは性行為中の暴力に悩んでいたそうですが、その後にはやさしくなったそうです。これは典型的なDV男性の手口ですね。

最初は性行為中の暴力だったのが、次第に日常生活の中でも現れてきたそうで、胸ぐらをつかまれ、腕や体を殴られて、時には馬乗りにもなって暴力をふるっていたそうです。

小澤廉さんの最新ツイート「取り乱し」「誤解」とは何を指すのか?

堕胎の強要

そんな中妊娠していることが分かった相手女性は、小澤廉さんの仕事のことなどを考えて、一度は堕胎することを決意したそうですが、次第に産みたいという気持ちが強くなったようで、小澤さんと別れて子供を産んで育てる決意をされています。その際に、小澤さんから執拗にお腹を殴られるなど堕胎を迫られ、結果的に産むことを諦める決断をされています。

女性にとってとてもつらい決断を迫られたことと思います。この後気持ちが沈みがちでうつにもなっていってしまったそうです。
そして、今年のコロナ渦でも小澤さんがその女性のことを気遣うことなく、自分勝手に振舞っていたことから、別れを決意して同棲していた自宅から出て行ったそうです。お二人が同棲していたのは世田谷のマンションだということですが、具体的な場所はわかっていません。

別れてからもコントロールされていた?

女性が家を出て別れてからも、連絡はとっていたようで、直接会うことも多々あったそうです。

小澤さんは別れたことで、女性に対しての暴力が世の中にばれることを恐れて、仕事を辞めるから言わないでほしいという旨のことを女性に話していたそうです。

そして、仕事を辞めるための説明を考えてくれということで女性を家に呼んでいたのですが、小澤さんがゲームを終える夜中の1時ごろに連絡が入って、そこから自宅に向かうという状態が続いていたそうです。

精神的な追い詰めから自殺未遂?

11月28日、決定的な出来事が起こりました。いつものように夜中に呼ばれて自宅に向かうと、小澤さんの姿がなかったと言います。なんと小澤さんは約束を忘れて遊びに行っていたのだと言います。

なんでこんな扱いをされないといけないのか、と取り乱した女性は小澤さんの自宅で遺書を書き、自殺しようとしたところを友人に助けられて保護されました。これらの一連の出来事を小澤さん側は事実と認めています。
しかし、暴力があったことは認めていますが、妊娠した際のお腹への暴力や、自殺未遂の日に会う約束などについて否定しています。女性側の意見が多く拡散されていますので、小澤廉さんが一方的に悪いイメージがついていますが、小澤廉さんもそれ以上否定や反論をされていないので、詳細についてはわからない状況です。とはいえ、暴力をふるった事実は悪であるのは間違いありませんので、改心していただきたいものですね。

小澤廉の性格は?

何度か一緒に仕事をしたことのある人たちからは、「小澤は2・5次元の世界で高い人気を誇り、女性ファンも多かった。普段接している限りは、記事にあるような暴力的な面は一切ない。女性関係が派手だったという話も聞いたことがない。文春の報道を見て、ただただ驚いている」と、普段は暴力的な一面は全くなく驚いていると声が上がっています。しかし、一方で何を聞いても「特にないです」と答えることが多く、自分の意志や考えをつかみにくいという人もいたそうです。
契約解除後の活動などはまだ発表されてていなく、今後どうされるのかはまだ分かっていませんが、女性に対して「仕事を辞めるから言わないでほしい」と嘆願していたことから、もう芸能界を引退されるかもしれませんね。女性はまだ精神的なストレスやトラウマを抱えているということですから、一日も早く元気になってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!