ゆきぽよの腹膜炎の病気の原因はアル中?23歳なのに余命に驚愕?!

ゆきぽよの腹膜炎の病気の原因はアル中?23歳なのに余命に驚愕?!

皆さん、こんにちは!しおしおです!

大人気モデルの「ゆきぽよ」さんこと木村有希さん(23歳)が11月11日放送のTBSの医療バラエティー「名医のTHE太鼓判!」に出演され、アルコールの過剰摂取で病院に緊急搬送されていたことが分かりました!

えー!そんなに大酒飲みだったの?

バリカタ

最近の若い方はあまり飲まれないと思っていましたが以外ですね…

しかし病院に搬送されるレベルとは申告です。アルコール中毒の可能性も指摘されます。

名医にくだされた病名や、余命が驚愕?!

最後までお付き合いください!

 

 

ゆきぽよ 飲みすぎで深夜に救急搬送されていた!

 

「名医のTHE太鼓判!」では、ゆきぽよさんが唯一芸能界で信頼を置いているはるな愛がさんが、ゆきぽよさんの体調を心配しれいました。

お酒を浴びるように飲んでいるみたいで心配。飲んで発散したい気持ちも分かるけど、ノリには流されないでおいしいお酒を飲んでほしい」

と話されていました。

しおしお

若いときの飲みグセって癖になるもんね
30代、40代になてもその頃のままのテンションで飲んじゃう。どこかで軌道修正しないと。

バリカタ

今は仕事も大変でしょうし、お若いですからね。

しかし、ゆきぽよさんは実は、日常生活に番組が密着中、腹痛を訴えて深夜に緊急搬送されていたのです!

前夜から痛みを感じていたというゆきぽよさんは、腹痛の症状が悪化し、

歩くのもツライ。まるで胃腸が雑巾絞りをされているような痛み」

と訴え、番組にも出演する内科医・大谷医師の元に駆け込んだ。

腹痛を感じているにも関わらずに前夜に激辛料理や多量のアルコールを摂取していたことを明かし、血液検査を行ったところ、白血球の数値が基準値を大幅にオーバーしていました。

診断した大谷医師も「これは即刻、大きな病院できちんと検査をしたほうがいい」と告げられ、救急車で緊急搬送されたそうです。

ゆきぽよの腹膜炎の病気の原因は?

 

精密検査の結果、ゆきぽよさんは肝臓や胃腸を覆う膜に炎症が起きる腹膜炎であることが判明。

腹膜炎とは一体とんな病気なのでしょうか?

一般に腹痛、腹部膨満感、発熱、頻脈、頻呼吸、嘔吐(おうと)などが起こります。症状が重くなるとのたうちまわるほど激しい腹痛に加え、腹部全体が板のようにかたくなるので、すぐに医師の診察を受けなければいけないそうです。

 

さらに、腹膜炎には、急性と慢性に2種類があるそうです。

腹膜炎とは

お腹の中の表面を被っている腹膜が炎症する状態です

  1. 急性腹膜炎:急激に発症して放置すると命に関わるもの
  2. 慢性腹膜炎:ゆっくりと進行し、腹水が貯まってくる

腹膜炎の原因

  1. 急性腹膜炎:胃・十二指腸潰瘍穿孔、大腸穿孔、虫垂炎、胆嚢炎、急性膵炎,骨盤腹膜炎など
  2. 慢性腹膜炎:結核、がん、肝硬変に合併する特発性細菌性腹膜炎など

大阪市立十三市民病院HP

 

ゆきぽよさんが普段からお腹の違和感を感じていれば慢性ですが、救急車レベルとなると急性腹膜炎とも考えられますね。(詳しい真相は番組放送後追記いたします)

ではこの病気の原因は何なのでしょうか?

 

原因はさまざまですが、胃潰瘍やがんなどによる胃穿孔、十二指腸潰瘍穿孔、虫垂炎穿孔、憩室炎や便秘、がんなどによる大腸穿孔といった消化管穿孔によるものが最も多く、急性胆嚢炎穿孔や急性膵炎といった肝臓・胆嚢・膵臓の疾患、卵巣嚢腫穿孔や異所性妊娠破裂などの婦人科疾患、外傷、腹腔内膿瘍なども原因となります。またがんが腹膜に広がることによるがん性腹膜炎、肝硬変やネフローゼ症候群に患者さんに多い特発性細菌性腹膜炎などもあります。

徳洲会グループ

 

えーっとつまり…

バリカタ

つまり、腹膜炎でお腹が痛く腫れてしまうのは、他の臓器の疾患が原因ということです。

つまり、人によってはストレスが原因の胃潰瘍で腹膜炎になる人もいれば、大腸にがんが出来たことが原因で腹膜炎になる人もいるということですね。

今回、ゆきぽよさんはアルコールの過剰摂取や栄養バランスのとれていない食事、不規則な生活と数多くの問題点が浮き彫りになりました。

なので、肝臓の何らかの疾患でこの病気が併発してしまったという可能性も示唆されます。
(詳しい真相は番組放送後追記いたします)

⇒ゆきぽよさんは不摂生がたたって体の免疫が下がり、細菌に感染。
腹膜が炎症してしまったと診断されました。

やはり、生活習慣の悪化で免疫が下がると、全ての病気に繋がるということですね

 

ゆきぽよにアルコール中毒の可能性?

 

日本では、アルコール中毒、アルコール依存症というと、お酒がないと手が震えてしまって仕事にも行けないような状態を思い浮かべますが、実際はもっと手前の状態でも十分危ないのです。

なので「ゆきぽよさんがアルコール中毒の可能性」というよりは、
「飲酒する習慣のあるはアルコール中毒の可能性がある」という方が正しいでしょう。

アルコール依存症症状としては「震え」思わすことが一般的ですが、

悪寒、寝汗、イライラ、不安、焦燥感、睡眠障害などがみられます。

こうした症状は、アルコールを飲むと一時的に治まります。そのため、また飲むという悪循環の原因ともなります。

なので、習慣的にお酒を飲んでいるとイライラしたことがあると
「あー!飲みに行きたいー!」と思ってしまう。

これも依存症の手前の状態と言えます。

また以下の症状がある人も要チェックです。

 

(1)家族や友人から「飲みすぎ」といわれたことがある。
(2)飲んだときの会話や行動をおぼえていないことがある。
(3)体調が悪いときも飲んでしまう。
(4)仕事中や昼間でも「飲みたい」と強く思うことがある。
(5)約束を忘れたり、仕事でうっかりミスをした。
(WHOの診断基準、その他から作成)

 

特に「何も覚えていない」っていう人結構いますよね?

よくある話ですので軽視されていますが、この状態が月2〜3回あるという人は
十分アルコール依存上の可能性があります!

しおしお

もっとお酒についてシリアスに考えるべきだね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です