【華原朋美の不倫】森和彦の顔画像や子供に年収は?出会いはすまいーだCM!

こんにちは!しおしおです!

歌手でタレントの華原朋美さんが

飯田GHD森和彦会長(73才)不倫関係

あることをフライデーが報じました!

ともちゃん…!またそんな、想像の斜め上を…!

今回報じられた森和彦会長とは一体どんな人物なのでしょうか?

また、お二人に出会いは何だったのでしょうか?

気になる諸々を調査したいと思います!

スポンサードリンク

【華原朋美の不倫】森和彦はどんな人?顔画像は?

6月中旬の夜8時頃、銀座(中央区)のとあるビルから一組のカップルが姿を現した。仕立ての良い高級スーツを着こなす年配男性と腕を組みながら出てきたのは、歌手の華原朋美(43)だ。

 高級ステーキ店での食事を終えた二人は、待機していた黒塗りの送迎車・マイバッハに乗り込み、華原が暮らす新宿区内の高級マンションへ。マンション前で降りた二人は、少し距離を置いてエントランスへと消えていく。3時間後の夜11時半、男性は一人でマンションを出ると、待たせていた先ほどの送迎車に乗り帰路に就(つ)いた――。

渦中の森和彦さんは1945年3月8日生まれの現在73才。

飯田GHD会長をされています。

飯田GHDは東証一部上場で、

2017年度の売上高1兆3300億円を誇る大手戸建分譲会社です。

1980年、森さんは飯田GHDの

中核企業「飯田産業」の社長になり、

その後2014年に会長になられました。

グループに圧倒的な影響を及ぼしてきた人物で実は

典型的なワンマン社長なんだとか。

周囲の人間は誰も逆らえないようなタイプのお方だそうです。

森さんの顔画像はこちら!

うーん、確かに73歳に見えないですね…

しかしこう並んでいても失礼ですが恋人というかんじには

見えませんが…(汗)

森和彦の嫁や子供は?

森さんはご結婚されています。

近隣住民によると、森さんが不倫をされるなんて信じられないと

驚いていた様子でした。

お子さんの存在は調べてみたところまだ見つかりませんでした。

しかしお年がお年なのでもしいらっしゃったとしても

そんなに小さいお子さんとは考えにくいですね。

ご子息様であれば一緒にお仕事をしている可能性も十分考えられますね、

森和彦の年収が凄い!

週刊ポストが報じた2016年の社長年収ランキングで、

森和彦会長は役員報酬が1億9700万円!

それだけでもすごいのに株主配当を含めると

年収は驚愕の9億7000万円だそうです!

日本で9位という驚異的なクラスですね。

まあその分、税金も驚異的に収められてるとは思いますが….

【華原朋美の不倫】2人の出会いのきっかけは「すまいーだ」CMだった

出会いは2015年。

飯田GHDがスポンサーを務める

TOKYO MXの番組「音ポケ POPS」に華原朋美さんが出演したとき。

その後、森和彦会長の一存で、

華原朋美さんを飯田GHDの『すまいーだ』CMソングに起用し、

彼女の2017全国ツアーのスポンサーにもなりました。

森さんはともちゃんのファンだったのでしょうか?

それとも、大変な人生を送ってきた彼女を応援したかったのでしょうか。

飯田GHD森和彦会長は結婚して奥さんがいますので

恋人関係であれば不倫ということになりますが

スポンサーとタレントという禁断の関係でもあります。

一部上場企業の代表が立場を利用して愛人に便宜

(CM起用、ツアースポンサー)を図っていたとしたら、

公私混同が問題となってきますね。

上場企業のトップ尾は単なる一企業の代表と違い、

社会的にも責任のある立場なので、節度ある生活が求めらるんだとか。

デートに利用した車が社用車なら

社内規定に違反している可能性もあるんだそうです!

浮気不倫自体が問題ですが、

スポンサーの立場を利用しての浮気不倫だったら、

社員からの批判の的になってしまいますね。

何度も自宅に森さんを招き入れていたことに対し、

華原さんは「お父さんのような存在ですので」とコメント。

持ちさんは弁護士を通じ、

「華原さんとは、食事やカラオケに行くなど会社ぐるみでお付き合いしていましたが、誤解を招く形になってしまったのは不徳のいたすところでございます」

とコメントされたそうです。

実際問題、本当に不倫関係なのか、パトロンと女優、というような

関係なのかは謎なところですよね!

スポンサードリンク

まとめ&世間の声

世間では今までのともちゃんの人生を通して同情する声と、

厳しい声と両方が上がっていますね。

やはり、人間一度あそこまで成功すると後どう生きるかが問われますね…

また続報を待ちたいと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする