ジャニーズ事務所どうなる?SMAPや嵐、TOKIOに加えてV6も解散!解散理由をひとまとめに!

近年、長年に渡ってジャニーズ事務所を支えてきたベテラングループの解散や休止、退所などが相次いでいますよね。

もちろん個人で活躍されている方もいますが、グループ揃って見れないのはファンとして寂しいですよね。

つい最近ではV6も2021年をもって解散することが発表されました。

一体ジャニーズ事務所に何が起こっているのでしょうか?

解散や退所が相次いでいる理由を、それぞれのグループの解散や休止理由を振り返りつつ見ていきましょう。

SMAPの解散理由は元マネージャー絡み?

日本一の国民的男性アイドルグループとして一世を風靡したSMAP。

しかし、解散に至っては事務所と対立するような形となり、とても円満とは言えない解散劇となりました。

発端は当時SMAPのマネージャーであった飯島氏が事務所を追いやられたことでしょう。

SMAPにすべてを捧げ、SMAPを国民的アイドルにまで育て上げ、計り知れないほど事務所へ貢献した飯島氏ですが、ありもしない派閥報道によって副社長から今までの功績や努力を否定され、出て行けとまで言われてしまいました。

飯島氏はSMAPの5人と共に独立を望みますがそれも認められず。

結局メンバーだけが残ったものの、飯島氏の他にSMAPとコミュニケーションをとったりコントロールできる人物がおらず、飯島氏に特に強い恩義を感じていた香取さん、草彅さん、稲垣さんが解散を強く希望する形となりました。

その後、ジャニーさんの説得やメンバーの話し合いでは3人の意思は変わらずに解散に至りました。

修復不可能なほどの不仲説も

そしてこの解散劇によって、メンバー同士の間に完全な亀裂が入ったようです。

特に修復不可能なほど仲が険悪になってしまったのが木村さんと香取さんです。

飯島さんが望んだSMAPと共に独立することは、木村さんの残留意思によって頓挫してしまいます。

木村さんは当時既に家庭を持っていましたから今独立するのはリスクが大きいとの考えなどもあり残留を主張しましたが、香取さんや他のメンバーからすればそれは飯島さんに対しての裏切り行為だと捉えたようです。

アイドルであるにもかかわらず強引に結婚した木村さんに以前から不満を持っていた香取さんですが、この件によって木村さんとはもう仕事も一緒にしたくないというほど険悪な仲になってしまったようです。

嵐の活動休止理由には諸説あり?

嵐は解散ではなく活動休止ということですが再開の目途は一切立っておりません。

嵐の活動休止の発端は、リーダーである大野さんの「芸能界から一度離れて、自由のある普通の生活がしてみたい」との願望だったようです。

メンバー同士で何度も話し合った末の着地点が活動休止だったようです。

ここでもまた不仲説が…

表向きは大野さんの願望をメンバーが尊重した形となりましたが、嵐にもまた不仲説が囁かれています。

原因は二宮さんが結婚を強行したことにあるようです。

嵐のメンバーに度々恋人の影や噂が報じられるものの結婚しなかったのは、アイドルとしての覚悟といっていいでしょう。

そしてそれがグループ内でのルールともなっていたようですが、二宮さんだけが結婚を強行したことによって、他のメンバーが激怒し、メンバー同士の関係に亀裂が入ったようです。

ただそういった理由での解散はメンバーもファンも納得できないということで、あくまで活動休止は大野さんの意向であることにしたのではという噂もあります。

TOKIOは解散しない。が、事実上の解散?

TOKIOも解散とは少し違います。

2021年3月をもって長瀬さんが退所することになり、残った城島さん、松岡さん、国分さんの3人で株式会社TOKIOを設立する(独立ではない)こととなりました。

「ジャニーさんから名付けてもらったTOKIOは残したい」との願いからこのような形となったようです。

一方の長瀬さんは山口さんの脱退後から音楽活動ができないことに不満と葛藤を抱えていたようです。

事務所退所後は音楽に携わる裏方として活動したいということなので、今後表立った活動が見られるかは今のところ分かっていません。

ベースとボーカルが抜けたため音楽活動も難しいですし、長瀬さんが抜けて3人となってしまうので、グループとしての活動はかなり限られたものになるのではないでしょうか。

V6の解散理由には宮沢りえの後押しも?

V6の解散は森田さんの意向によるものが大きいでしょう。

森田さんは今後俳優業に力を入れたいこと、独立して事務所に頼らずに自分の力で道を切り拓きたいということをメンバーに伝えたようです。

森田さんの妻の宮沢りえさんが個人事務所を設立してますので、恐らく最初はバックアップを受けながらになるのではないでしょうか。

V6のメンバー全員が40歳を越えたタイミングであることや、「6人じゃなければV6ではない」という思いから解散することにしたようですね。

解散や休止、退社が相次いでいるのはなぜ?

ジャニーズの歴史を築いてきたグループが次々と去ってしまっています。

その理由について考えてみました。

①ジャニーさんの他界

やはりなんと言っても一番の原因はジャニーさんが他界したことではないでしょうか。

ジャニーさんに認められたい、喜ばせたい、恩を返したいなどの思いはジャニーズメンバー全員が持っていたのではないでしょうか。

精神的支柱ともいえるジャニーさんがいなくなったことで、心にぽっかりと穴が開いたり、このままでいいのかなと思うメンバーが増えたのではないでしょうか。

②現事務所の体制

ジャニーさんという偉大すぎる人物を失ったので、致し方ないことかもしれません。

しかしそれにしても、社長と副社長の間で派閥の噂が出たり、そのような内部情報が漏れていいたりと、組織として上手くまとまってない印象が強いですね。

そういった面から将来に不安を感じたメンバーも少なからずいるのではないでしょうか。

③ジャニーズJr.22歳定年制の影響

こちらに関しては対象がジャニーズJr.ですので、既にデビューしているメンバーには関係のない話として見られているかもしれません。

しかし、若者に選択の自由を与える事務所のスタンスはベテランと言われるメンバーの考えに影響を及ぼした可能性はあると思います。

若手の為に席を譲りたいとか、ずっとできなかったことをやりたいと考える人が増えてもおかしくないとは思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!