近藤真彦の不倫相手の女性は誰?5年に渡る略奪不倫を徹底解説!

近藤真彦さんの不倫が報道されました。若い世代の方々には近藤真彦さんのことを知らない人も多いようですね。
近藤さんは過去にも女性関係でいくつもリークされたことがあるので、同棲代からはやっぱり、、、という声も多いようです。そもそもジャニーズ事務所所属タレントの不倫報道が珍しいことですが、今回は近藤真彦さんの略奪不倫の真相と、その相手女性は誰なのか、そしてこれまでのスキャンダルについてまとめました。

近藤真彦の不倫相手女性は一体だれ?

  • 近藤真彦
  • 1964年7月19日生まれ(56歳)
  • 神奈川県大和市出身
  • 1980年「スニーカーぶる~す」で歌手デビュー
  • レーサーとしても活動
  • 近藤真彦さんは1994年に、当時社長秘書をしていた奥さんと結婚し、不妊治療の末に2007年に長男を設けています。

近藤真彦さんはこの不倫報道後、相手女性との5年にわたる不倫交際を事実であると認めています。この女性は近藤真彦さんよりも25歳年下の会社経営の女性とのことです。

出会ったのは2015年3月。知り合いの社長を通じて知り合ったそうです。その時お相手の女性は26歳で、同棲している彼氏がいたそうですが、近藤真彦さんの猛アプローチで交際に発展したそうです。
実はこの女性、大のジャニーズファンで、当時はKAT-TUNの中丸雄一さんが大好きだったのだそう。
交際後はどこに行くにも連れてまわり、女性も「旅行の時には友達の分も全部お金を出してくれるんです」とのろけていたこともあるそうです。また食事会の場などにも一緒に参加すると、帰りには「皆さんにタクシー代渡して」とまるで妻のような振る舞いもみせていたと言います。

近藤真彦さんは不倫がばれることを心配する相手女性に対して「俺はもみ消せるから」と自信満々の様子だったそうです。
のちに中居正広さんがすべらない話でも披露していたジャニーさんのお誕生日会にも不倫相手の女性は同席していたそうです。そこにはなんと、近藤真彦さんの長男も一緒だったということで、自信の子供と不倫相手が同じ空間で過ごしていることを、誇らしげに対応する近藤正彦さんの感覚は、やはり一般人とは違うスターなのかもしれませんね。

昔から変わらない近藤真彦の女性遍歴

近藤真彦さんが相手女性と出会った2015年は、ちょうどレーサーとしての活動に力を入れていて、芸能活動もセーブしていたことから、女性の影と言うのは気付かれにくかったのかもしれませんね。
とはいえ、近藤真彦さんのスキャンダルは人気絶頂だったころから話題になっていました。最も世間に衝撃を与えたのが平成元年に起こった「金屏風会見」と言われる中森明菜さんとの交際でした。

週刊女性PRIMEより

当時24歳だった近藤真彦さんと中森明菜さんは交際しているという報道がでていました。なんと交際は6年間にもわたり、結婚のうわさもささやかれていました。そんななか、中森明菜さんが近藤真彦さんの自宅マンションで自殺未遂を計ったのです。当時中森明菜さんは結婚に向けた資金として数千万円を近藤真彦さんに渡していたそうですが、それをレースに勝手に使われたりしていたようです。

そして、平成元年の2月に、松田聖子さんと近藤真彦さんがニューヨークで密会していたと報道され、後日松田聖子さんは密会を否定しましたが、これが自殺未遂の引き金ではと言われています。
そして、会見に集められた報道陣の前で近藤真彦さんは結婚を完全に否定、復帰会見のお手伝いができてよかったなどと発言しています。実は中森明菜さんも、この会見は婚約発表会見だと思って座っていたそうで、近藤真彦さんの発言に悔しさをにじませていた切ない会見となってしまいました。その後二人は別れ、中森明菜さんは徐々に芸能界から遠ざかっていく結果となりました。

中森明菜さんとの交際以外にも、結婚後でも個室合コンは頻繁に行われていたようです。近藤真彦さんの好みの女性をセッティングする担当の人がいたそうで、そこにはモデルのような女性を好んで集めて食事をしていたというような証言もあり、女性好きなのは変わらないようですね。この食事会は「仕事の付き合いで」と言えるように、カモフラージュとして同席していた財界の著名人などもいたとの話もあり、過去にもいろいろとありそうですね。

不倫騒動の代償は大きく無期限の芸能活動休止へ

ジャニーズ事務所では最近退所するタレントが後を絶ちません。所属タレントへの処罰も厳しくなり、コンプライアンスの研修なども力を入れて行っていたようです。そんな中で「長男」とも呼ばれていた近藤真彦さんの不倫報道、無期限の芸能活動休止は妥当だという声も多いようです。ジャニーさん亡き今、近藤真彦さんの処罰を軽いものにするとしめしがつきませんから、滝沢秀明さんも頭を悩ませたことでしょうね。そして自身のレーシングチームの監督も当面の間自粛するということです。CMなどの違約金は数千万円規模になろうかとの見込みもあり、自身の権力や立場への慢心が大きな痛手を生むことになりました。
関わった女性たちが今後幸せになってくれるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!