上祐史浩の会見!記者の質問のなさに唖然!滑舌の悪さに病気や老けたと声も

 

松本・地下鉄両サリン事件などで計29人の犠牲者を出した

一連のオウム真理教事件をめぐり、死刑が確定していた

教祖の麻原彰晃(しょうこう)死刑囚(63)

本名・松本智津夫(ちづお)らの死刑が6日に執行されました。

 

教団が起こした事件の死刑囚は計13人おり、

今回執行は初めて。

同日中にほかの6人も執行されたそうです。

 

 ほかの6人は、早川紀代秀(68)▽井上嘉浩(48)▽新実智光(54)▽土谷正実(53)▽中川智正(55)▽遠藤誠一(58)-の各死刑囚。

 

歴史上類を見ない劣悪な犯罪が一つの節目を迎えました。

 

この件を受けて、7月5日に元オウム真理教で

現在ひかりの輪の代表の上祐史浩氏が会見を開きました。

 

スポンサードリンク

 

【元オウム】上祐史浩の会見!記者の質問のなさに唖然!

 

 

 

 

 

オウムの松本智津夫達が死刑執行され、

先ほど後継団体『ひかりの輪』代表の上祐史浩が記者会見しました。

上祐が『何か質問ありますか』と言っても何も質問せず、

僅か10分ほどで終了。

 

なぜ記者達は、何の質問も出来なかったのか。

 

どうやら現場にいたのは比較的若い記者たちのようで

この一連のオウム事件についての臨場感というものを

持ち合わせていなかったとの見方があります。

 

上祐氏は会見で麻原のことを

 

10年以上前から離反し、批判してきた相手

 

と、述べていますが、

 

そもそも自身が実行犯でないだけで死刑を免れたのであり、

オウムの広報幹部だったわけで、今被害者の痛みに

寄り添いますという発言をしたところで、

何を納得することがあるでしょうか。

 

2009年7月6日にひかりの輪は

被害者団体と賠償の契約を結んでいるのですが、

それにしても、この公の場で世間が上祐氏に何かしら

誠意のある受け答えを期待したのは間違いありません。

 

 

これに対し、何の質問も出すことが

出来なかった今回の記者勢に対し、

呆れる声が上がってしまうのも無理はありません。

 

またその他に上祐氏はいかのように述べました。

 

「オウム真理教の犯罪については当時、私も教団で重大な責任があった。被害者遺族に深くおわびしたい」

 

「ちょうど9年の節目の日。(ひかりの輪は被害者団体と賠償契約を結んで)この日に執行されたことの重みもかみしめ、いっそう被害者の皆さまへの被害者賠償に努めるとともに、アレフの拡大抑止など事件の再発防止に努めていきたい」

 

「(松本死刑囚に)かつてのような思いはない。(松本死刑囚を)批判してきたので、一種の緊張感があったが、少し落ち着くと思う」

【ひかりの輪】上祐史浩の会見!滑舌の悪さに病気や老けたと声も

上祐氏は現在55歳。老けたと言われるもの当然でしょうが、

やはり「ああいえば上祐」とまで言わしめた饒舌ぶりや

狡猾さが会見で見てはとれませんでした。

(そもそもそんな機会もありませんでしたが)

 

またその口調の歯切れの悪さから

「老けた」「病気なのでは?」というような声も出ていたようです。

 

 

まとめ

7月5日正午には7名の死刑が執行されたと発表されました。

この会見にて、記者の反応や人選の悪さに苛立ちを覚えた方も

多くいらっしゃると思います。

過去に例を見ない凶悪な犯罪について、

我々の思いも風化させてはならないと強く感じました。

お読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

2 Comments

kokosi

えっ? 質問ナシ?
驚いた。
バカ記者ばかりだな。

普段からマスコミの在り方について疑問だったが…。
そもそもまともに仕事できない、
というより、仕事を放棄する「バカ」に放送免許を与えるな!

返信する
shioshio

kokosiさま、コメントありがとうございます!

「その場にいたのが若い記者」というのも全く理由になりませんね。日大の大学生選手相手には、浴びるほど質問をし、最もジャーナリズム精神を発揮しなければいけない場所でこのような仕事ぶりでは悲しくなります。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です