クレヨンしんちゃん声優の後任は誰?平野綾でルパン形式が濃厚?!

 

みなさんこんにちは!しおしおです!

 

声優・矢島晶子さんが、

26年3ヶ月務めた「クレヨンしんちゃん」

野原しんのすけ役からの降板を発表されました。

 

 

この衝撃は半端ではないですね…

 

 

 

また声優後任のニュースを受けて矢島さんに何かあったのか

心配された方もいらっしゃったようです。

お気持ちめちゃくちゃわかります(泣)↓

 

 

スポンサードリンク

 

クレヨンしんちゃん声優の後任は誰?

 

しばらく日本は『矢島さんのしんちゃんロス』に包まれそうですね…

かくゆう私もこれを書きながら目頭が熱く…(泣)

 

7月から新しい声優さんになられるとのことですが、

一体どなたがその役に抜擢されるのでしょうか??

 

記憶に新しい人気アニメの声優交代といえば、

クレヨンしんちゃんの前にやっている『ドラえもん』ですね。

大山のぶ代さんから水田わさびさんに、

その他全声優陣が交代されるとゆうかなり特異な事例でした。

 

国民的なアニメすぎるゆえ、その内容には賛否両論でしたね。

必ず、初めの違和感はつきものですが、

あまりに歴史が長かったため

新しい声優さんたちはご苦労されたと思います。

 

個人的に新しいドラえもんは大好きです!

ドラえもんもちょっと以前より人間らしくて(?)

ドジで原作っぽく、今回の制作に携わる全ての方の

『新しいドラえもんを作り、

さらにドラえもんの良さを次世代にも伝えたい』

とゆう熱い思いが感じられます!

 

『前の型を壊す』とゆう作戦がうまくいった例だと思います。

 

では『クレヨンしんちゃん』の場合どうなるのでしょうか?

今回は、主人公しんちゃんのみの交代となりますが、

全く新しい声優さんよりも出来るだけ今のしんちゃんに

近い状態を望む声がほとんどだと思います。

 

クレしん後任・平野綾でルパン形式が濃厚?!

 

そこでやはり濃厚なのが『ルパン形式』!(しおしお命名)

 

 

 

 

あの、ルパン三世の声優、山田康雄さんがお亡くなりになられた時に

モノマネの栗田貫一さんが引き継いだように、

完璧にモノマネが出来る方にやっていただきたいとゆうもの!

 

中でもしんちゃんのモノマネの実力が高いと言われているのが、

 

声優の平野綾さん!!

 

 

平野綾さんは現在30歳の超人気声優さん。

代表作に『涼宮ハルヒの憂鬱』(涼宮ハルヒ)

『DEATH NOTE』(弥海砂)

『NANA』(芹澤レイラ)

『らき☆すた』(泉こなた)など

蒼々たる人気作に出演。

 

また、外見もとってもキュートなうえ歌もむちゃくちゃうまいんです!

 

平野さんのしんちゃんのモノマネはとても有名なんだそうです。

 

平野さんは07年放送のアニメ「らき☆すた」の第4話で、主人公・こなたが冗談でしんのすけのモノマネをするシーンを演じた。このときは、しんのすけの特徴的な「エヘ~」という笑い方のほか、

「かがみん(編注・登場キャラのあだ名)の魅力に、また一つ気づいただけだゾ~」

というセリフを披露。作中ではその後、周囲のキャラから「マジで似てるからやめぃ」とツッコまれていた。

 

 

そんなエピソードがあったんですね!

 

平野さんであれば、実力、人気ともに申し分ないですし

しんちゃんロスの衝撃を少し和らげてくれるのではないでしょうか?!

期待してしまいます…!

 

スポンサードリンク

 

まとめ

 

 

とはいえ、矢島さんの声がもう聞けなくなるのは

本当に本当に寂しいですね。

矢島さんは降板の理由について

「理由は、しんのすけの声を保ち続ける事が難しくなった為です。キャラクターの声を作る作業に意識が集中し、役としての自然な表現が出来にくくなってしまった為です」

とおっしゃっています。

6月いっぱい矢島さんのしんちゃんを噛み締めて見ていきたいですね!

また続報をお届けしたと思います!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です