ロシアW杯【日本VSポーランド】誤審の可能性?審判は誰?!【画像】

 

こんにちは!しおしおです!

 

ロシアW杯・グループリーグ予選最終戦は【日本VSポーランド】

コロンビア、セネガルと強豪相手に大健闘した侍ジャパン!

 

ポーランドはFIFAランキング8位でありながらも

今回のグループリーグでは最下位、予選敗退が決定しました。

 

日本はポーランドに勝利し、

自力で決勝への切符を手にしたいところですが、

ポーランドもこのまま自国に帰るわけにはいきませんよね!

 

意地のぶつかり合う熱い試合になること間違い無しです!

 

スポンサードリンク

 

ロシアW杯【日本VSポーランド】誤審の可能性?審判は誰?!【画像】

 

ワールドカップにおいて大きな運を担っているのが

どの審判に当たるのかということ。

 

既に、他国の試合でも誤審や、買春疑惑が出てしまうほどの

贔屓のあったシーンもありました。

 

気になる日本VSポーランド戦の審判が発表されましたら、

追記したいと思います!

 

関連記事はこちら!

【ロシアW杯】日本VSセネガル!誤審の可能性?審判はどこの国の誰?

 

※追記→日本VSポルトガルの審判は

ジャニー・シカズウェさん!

ジャニー・シカズウェ主審は、1979年産まれの39歳で、

アフリカのザンビア出身の審判です。

 

 

今大会のロシアワールドカップでは、ベルギー対パナマの主審を務めました。

 

シカズウェ審判には過去、誤審とも言われた苦い試合がありました。

それは「クラブワールドカップ2016」での決勝戦。

レアル・マドリード対鹿島アントラーズの一戦。

 

この試合は惜しくも鹿島は敗れるのですがスペインの報道により、

シカズウェ審判の采配について誤審が疑われたのでありました。

 

状況としては鹿島が優勢の中、

レアルの守備の要であるセルヒオラモスが明らかに危険なファールを犯します。

しかし、ラモスはもう一枚イエローカードを出されれば退場という状況でした。

 

ラモスがいなくなればレアルが不利になるという状況の中、

イエローカードを出すことをためらったシカズウェ審判の采配

が誤審ではないかと言われていたということです。

 

シカズウェ審判はまだ若いという事もあり、自分の采配で

王者レアルが日本に負けてしまう可能性を上げてしまうことに

不安を恐怖を感じてしまったのかもしれませんね。

日本VSポーランド戦ではどうか公平なジャッジをお願い致します!

 

 

 

 

 

まとめ

6月28日にご期待ください!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です