【恐怖】安田純平は自作自演!?誘拐保険で億万長者?DDoS攻撃って何?

 

みなさん、こんにちは!しおしおです!

ジャーナリストの安田純平さんが無事開放され、帰国されました。11月2日には全容を解明する記者忌明けんが開かれました。

安田さんが開放されたことは本当に喜ばしいことですが…

今回の件に関して、いろいろと不自然な点が多く見受けられました。

これにより世間からは【誘拐、拘束は自作自演なのでは?】という意見もあるようです。

疑惑の数々を検証、まとめていきましょう!

 

スポンサードリンク

 

【嘘つき?】安田純平の拘束は自作自演!?記者会見での矛盾!?

 

なぜ今回の人質事件に対して、自作自演の疑惑の声があがっているのでしょうか?

まず、安田さんが帰りの飛行機で語った拘束生活がこちら。

 

 

ーー4か月ぶりに戻る瞬間ですけど、この日がくると思っていた?

安田:殺されはしないと思っていたんですけど、いつまで続くのかという恐怖感はあって。人質状態で恐ろしいのが、いつ終わるのかわからない。終わらないかもしれないし、殺されるかもしれない。その状況でずっと新しい情報が全然入らないので、昔のことばっかり考えて、どうしてもネガティブなことばかり考えて。

何もできない状態なので、何であれやらなかったのかとか、本当に、ただ好きなコーヒーを淹れるだけの瞬間でも本当に素晴らしい時間だったのかなとか。何もできないのもあると思うんですけど、そういう時間をなんでもっと楽しまなかったのか、とか。もっと全力で仕事できることもあったのにな、とか。人間関係もそうですし、悔やむ時間がすごく多くて。悔やむことがあっても、やり直せれば反省につながるんですけど、やり直す時間が永遠にこないかもしれない。ずっと悔み続けるということですよね。本当につらかったですね。これは自分のこれまでの人生がダメすぎてそうなっているんですけど。

 

いつ、この生活が終わるのかという恐怖心から今までの人生を振り返らざるを得なかったのですね。

 

ーー暴力は?

安田:殴る蹴るの暴行を受けることはありました。例えば日本側が彼らとの接触を絶ったあとに、彼らが私の家族と連絡をとって、私しか答えられない質問がきて、それに答えたりした。そのあとに家族は返事してこない。家族は金払えないですから。そうすると、私が何かメッセージ送ったに違いない、みたいな話になって。たとえば監禁場所は普通の家だったが、部屋の中にトイレないですから、彼らがトイレまで連行するんですけど、その行き帰りに、ボコボコ蹴ってきたりとか。

日本が払えそうだったのに、こいつが何かメッセージ送ったせいで、日本が連絡たったみたいな言いがかりをつけて、ボコボコやってきたんです

やつらにはわからないようにメッセージ入れていたんですけど。金払うな、無事に帰るよ、放置しろっていうのは、日本側に送った回答のなかにいれていたんですけど。

Google変換してもわからないように、ちょっと変な日本語にしている。日本人しかわからないような書き方にしているんですけど。「6446」で「無視しろ」とか実際やったんですけど、彼らはそんなことを知らずに、日本側が連絡絶ったのはお前のせいだと言ってボコボコやられたことある。

あと、24時間身動き一つしちゃいけないと、水浴びしちゃいけないを8か月。その間、足を延ばして寝てはいけない。寝る範囲が1.5mだけ。それが24時間。体のどっかを触って、部屋の幅が1mしかないのに、両サイドが聞き耳たてていて、指を曲げた音がちょっとしただけでダメ。

ーー見せしめの拷問が部屋の前で始まって、すさまじい拷問を聞かされ。

安田:そういう拷問ではないけど、虐待状態というのはずっと続いて。24時間身動きしないとか無理じゃないですか。寝てる間に動いてもダメなんで寝られない。

 

この辛い監禁生活を語っていた安田さんでしたが、11月2日の記者会見では『トルコのスイーツを出してもらった』などの待遇を発表されていました。

また顔のツヤの良さなどからも、疑惑の声があがっているようです….

 

解放された他の人達と比較したらこんな健康な状態は有り得ない。それになぜ後ろの襟足だけ綺麗に切りそろえられているのか?

 

さらに安田さんの自作自演ではないか疑問視するまとめの時系列がこちら!

 

 

うーん…確かにジャーナリストとして真実を伝えるために、奔走されていたことは確かですが、どこかしこに矛盾を感じるのは事実かもしれません…

 

安田純平は身代金と誘拐保険で億万長者になる?!

 

カタールは安田さんの身代金3億3700万円を肩代わりしたそうですが…

しかし、この身代金は日本政府の機密費でまかなわれたのではないかという噂もあるようです。

日本政府の機密費とは言っても、結局は国民から徴収した税金ですので「結局安田氏解放には金が動いたのか」と大炎上してしまいます。

さらに安田さんには誘拐保険が賭けられていたという説が浮上しています。

 

同じジャーナリストで拘束されてしまった後藤健二さんは出国を控えた2014年10月、TBSの情報番組で

「保険会社に入っていれば(身代金を)カバーしてもらえる。私も入ってます、1日10万円くらいで」

と話していました。

「誘拐保険の最大保障額は500万ドル(約5億9000万円)とされています。滞在先やその目的、現地情勢などのリスクによって掛け金は変動しますが、日額10万円(約850ドル)は相当な金額。ある保険会社の掛け金は誘拐危険エリアへの2週間渡航で約2000ドル(約23万円)ほどですから、後藤さんが加入していたのは最高クラスの保険でしょう」

さらにこの特殊な保険は身代金、交渉人費用などもカバーするものなのだとか!

死亡保障をはじめ、身代金、交渉人費用、家族のカウンセリング料などまで手当てされる。本人に万が一のことがあれば、家族に保険金が支払われるそうです。

米メディアによると、仏独スペインなどの人質解放にあたり、イスラム国に支払われた身代金は1人当たり200万ユーロ(約2億7000万円)以上

救出にあたって誘拐保険がモノをいった可能性もあるそうです。

そのお金が今回安田さんに入るとなると…凄い額になりそうですね。

 

 

【隠蔽の恐怖!】各サイトが受けたDDoS攻撃って何?

 

さらにネットでは恐怖とも言える隠蔽説が持ち上がっています。

上記にように安田さんの身代金や誘拐保険金狙いの自作自演を疑った大手サイトが一気にDDoS攻撃なるものを受けたというのです!

これは一体どういうことでしょうか?

10月26日頃から政治ネタを取り扱うサイトが断続的にサーバー攻撃を受け、アクセスできない状態になっていたというのです。

被害を受けたサイトは以下の通り。

 

(1)5ちゃんねる
(2)保守速報
(3)Share News Japan
(4)アノニマスポスト
(5)もえるあじあ
(6)保守基金
(7)netgeek
(8)NewsU.S.
※発覚した順

引用:正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

 

安田さんの自作自演の記事を書いたサイトが次次と閲覧できなくなってしまったんですね!

 

DDoS攻撃というのは例えばコンピューターウイルス(マルウェア)に感染させた世界中のPCなどを操り、特定のサイトに一気にアクセスを集中させることでサーバーを攻撃する手法だ。通常のDoS攻撃が一つのIPアドレスで行われるのに対し、DDoS(Distributed Denial of Service Attacks)攻撃は複数のIPアドレスで 
行われるのでブロックで対処がしにくい。

そしてDDoS攻撃は実はネット上で販売されており、例えば1時間1,000~20,000円などで簡単に購入することができる。日頃から地味にウイルスを広めているハッカーはこうして儲けているというわけなのだ。

引用:正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

 

なんと恐ろしい!

DDoSとはウイルスを使ったハッキングのような行為なのですね。

例えば1時間1万円だとすると8サイトに3日間のDDoS攻撃を仕掛ける場合、576万円もの料金になるそうです。

安田純平さんがもしも、犯行グループと手を組んだ自作自演の誘拐を企てていた場合、3億4,000万円の身代金を受け取り、さらに誘拐保険の補償金まで得ようとしていることになります。(あくまで仮設です)

3年4ヶ月と長期の拘束だったのだから誘拐保険の支払いはおそらく億単位。

 

であるならば事実を隠蔽するために576万円のDDoS攻撃を依頼するなど安いもの。しばらくほとぼりが冷めるまで攻撃を続けることにしよう。これで日本でちょっとした騒ぎになろうとも、海外の保険会社が気づかなければ問題ないのだ。誘拐保険は日本の法律では取り扱えず、海外の保険会社のみが扱っているというのがポイントだ

引用:正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

 

なるほど…このような見解があったのですね。

確かにこの安田さんへの疑惑を取り扱ったサイトだけが攻撃されるなんておかしな話しですよね…

まだまだ根深い遺恨を残しそうです。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

 

  • 安田純平さんの今回の拘束、監禁には自作自演の声があがっている!
  • 誘拐保険での保険金狙いとの声も!
  • 安田さんを疑惑氏するサイトはDDoS攻撃を受け閲覧できなくなっていた!

 

ジャーナリストとして功績を挙げられている安田さん。無事に帰還されたことは喜ばしいですが…確かに今回の記者会見では初めてと言っていることが違うのでは?という矛盾点も感じました。

続報を更新していきたいと思います!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です