【ネタバレ有】映画銀魂2はアニメで何話?真選組動乱篇のあらすじとラストの結末は?

 

こんにちは、しおしおです!

 

2018年8月17日公開予定の

【銀魂2 掟は破るためにこそある】

の情報が続々と発表され、

最新情報から目が離せませんね!

 

今日は気になる物語の内容について

かなり踏み込んでしまおうかと思います!

 

銀魂をあまり知らない方にも

わかりやすいようにお届けしておりますので

ネタバレが嫌な方はご注意くださいm(__)m

 

ネタバレウェルカムな方は

是非最後までお付き合いお願いいたします♪

 

スポンサードリンク

 

 

真選組動乱篇とは!漫画は何巻?

 

 

 

原作である漫画「銀魂」の長編ストーリー。

巻数でいうと19巻〜20巻

話数だと第158訓から第168訓にあたります。

 

銀魂は短編の読み切りギャグから

濃厚で笑いあり涙ありの長編まで

いろんな要素がギュッと詰まった漫画なのですが

銀魂の長編はドッと笑わしておいて

最後の最後に必ず泣かされるという

胸に突き刺さる素敵な作品がとても多いのです。

 

そんな長編の中でも最も熱いと言われているのが

この「真選組動乱篇」です!

 

 

アニメでは何話?DVDは何巻?

 

 

この大人気長編作品は

アニメでも2008年4月~5月初め

5週に渡って放送されました!

 

もちろんDVD化もしており、

他の巻に比べて売上が高いそうです。

 

全巻揃えているファンの他に、

「動乱篇だけDVDほしい!」という方も

多いようですね!

 

さてそんな方々のために詳しく調べてみました♪

 

DVDは

【シーズン其ノ参01】

【シーズン其ノ参02】の二巻に

渡って収録されています。

 

アニメの話数はこちら!

第101話

「掟は破るためにこそある」

第102話

「オタクは話し好き」

第103話

「長所と短所は紙一重」

第104話

「大切なものは見えにくい」

第105話

「何事もノリとタイミング」

 

第101話の「掟は破るためにこそある」

そのまま今作の映画タイトルになっていますね♪

 

さて、気になる内容を見てしまいましょう♪

 

此処から先はネタバレ要注意です!

 

 

真選組動乱篇のあらすじ!【ネタバレ注意】

 

真選組動乱篇では、

真選組参謀・伊東鴨太郎

高杉晋助率いる鬼兵隊により

真選組局長・近藤勲の暗殺計画が企てられ

内乱が起こってしまいます。

 

そんな状況の真選組を守るべく!

土方を始めとした真選組×万事屋が協力し

激しい戦いが繰り広げられます!

 

真選組監察・山崎が殺される(;_;)?!

一番隊隊長の沖田が裏切る(;_;)?!

近藤の命と真選組の運命やいかに・・・!!

 

命をかけて必死で真選組を守る戦闘シーン

真選組に対するそれぞれの思い

それぞれの登場人物同士への思い

いろいろな心境の描写が素晴らしく

いつものギャグも織り交ぜながらも

激しくてかっこいい戦闘シーン

涙なしには見れないそれぞれの思い・・・

 

銀魂長編作の中でも

一番人気の作品と言われておりますが

私もとにかくこの回は大好きでした!!

 

そんな【真選組動乱篇】が実写化!

ということで大興奮の私・・・

登場人物などについて詳しく語っていきますので

長くなりますが最後まで読んでいただけると嬉しいです♪

 

 

動乱篇の土方はヘタレオタク?!

 

ストーリーは真選組副長の土方十四郎がひょんなきっかけで

ワケありの刀を手にしてしまうところから始まります。

副長の土方十四郎は柳楽優弥さんが演じられます!

 

その刀は、村麻紗(むらましゃ)という呪いの刀。

切った者の魂を吸い取ってしまうと言われた妖刀でした。

 

村麻紗を手にしてから土方は刀に取り憑かれた怨念のせいで

二次元ヘタレオタク「トッシー」になってしまいます。

 

本来はクールでイケメン

【鬼の副長】と恐れられている土方がある日突然

語尾に「~ござる」とつけたり、

人のことを「~氏」と呼んだり、

自分のことを「トッシー」と呼んだりするようになります・・・。

 

咥えタバコが特徴の一つでもある土方ですが

トッシーはなんとタバコも吸いません。

タバコを咥えると一瞬正気に戻ったりします。

 

 

原因はともあれキャラ崩壊の土方!

そんな時に限って運悪く?

真選組参謀・伊東鴨太郎(三浦春馬さん!)

土方・・・いや、トッシーの前に現れます!

 

 

真選組の参謀・伊東鴨太郎とは?!

 

三浦春馬演じる伊東鴨太郎

真選組に入隊して間もない新参者ですが

文武両道の優れた能力を有し、

局長である近藤勲(中村勘九郎さん!)にも気に入られており

すぐに参謀の地位まで登りつめました。

 

近藤は伊東を「先生」と呼び、

近藤のほうが地位が高いのにヘコヘコ慕う近藤の姿。

土方はそれを良く思っていませんでした。

 

そして伊東も同じく副長の座を狙ってか

土方を目の敵にしておりました。

 

二人は元より心底忌み嫌い合っていたのです。。。

 

 

土方ではなく「トッシー」の前に

伊東が現れてしまったタイミングで

土方は自らの作った【局中法度】に背く行動を

幾度となくやらかしてしまい

なんと真選組を解雇されてしまいます!

会議中に着メロ(プリキュアw)が鳴り響いたり、公務に遅刻したり・・・

 

局中法度に背いたのは事実ですが

解雇は伊東の思惑によるものでした。

 

予てより副長の座を狙っていた沖田総悟(吉沢亮さん!)

土方の解雇には大賛成で伊東に手を貸してしまいます。

 

ですがそんな沖田や近藤も知らないところで

実は伊東は高杉(剛!)率いる鬼兵隊と手を組み

真選組局長・近藤勲を倒し

真選組を自らのものにしようと企んでいたのです。

ここで堂本剛さんの登場ってわけです!

 

このあたりでやっと主人公の出番!(笑)

 

 

一方、解雇された土方は

伊東の思惑に気づいていました。

 

このときの土方は妖刀に自我をほぼ奪われていました

ふと正気になるたびに「なんとかせねば!」と

近藤に注意を投げかけますが相手にしてもらえず・・・

既にただのヘタレオタクのレッテルを貼られた土方の言葉には、

真選組の隊士は誰も耳を貸してはくれません。

 

そこで

主人公である坂田銀時(小栗旬さん!)が営む

万事屋(よろずや)を訪れ

助けを求めることに!

 

「トッシー」と化した土方が

銀時たちの元を訪れるのはかなりの恥ずかしさや抵抗があります・・・

当然万事屋一行には散々いじられます。

 

しかしそんな土方がプライドを捨て

決死の思いで万事屋に助けを求めるのです。

 

トッシーとしてではなく

真選組副長の土方十四郎として

ギリギリ、残り少ない自我のあるうちに

万事屋に頭を下げます。

 

土方にとって真選組がどれだけ大切な存在なのかが

証明されるシーンでもあります。

 

 

この後、土方の自我はどんどん飲み込まれていき

とうとう刀すら抜けないただのヘタレとなってしまいます。

 

 

こうして真選組始まって以来の大波乱

万事屋鬼兵隊を巻き込んで勃発します!

 

 

注目のバトルシーン!

 

いざ、伊東の思惑通り計画が実行されます。

ここからが見どころ・・・!

 

戦闘を通して、

隊士ひとりひとりの想いや

隊士同士の繋がりなど

「真選組」に対する深い心情が表現されていきます・・・!

 

近藤は命を狙われ窮地に立たされても

絶対の信頼を隊士に持っているため

凛として構えています。(鳥肌シーン!)

 

土方はヘタレオタクである

自分自身と戦いながら

なんとしても真選組を救おうと

必死で剣を抜こうとします。(鳥肌シーン!)

 

伊東は「沖田は自分の味方」と思い込んでいました

沖田は、

近藤に手を出す奴は誰であろうと許さん

伊東の思惑の全貌を知った途端

強靭な剣術で一人で周りの敵たちを

一掃してしまいます。(鳥肌シーン!)

 

伊東と鬼兵隊が手を組んでいるため

もちろん真選組だけではなく

土方の助っ人である万事屋の

銀時・新八・神楽たちと

鬼兵隊である高杉や河上万斉

バトルシーンも見られます!

 

 

果たして決着やいかに!

伊東鴨太郎の企てはどうなるのか!

 

 

伊東は才に溢れているが友達がいなくて

「孤独」であり、真選組に疎外感・・・

つまり自分の居場所がないように感じていたわけですが・・・?

そう。

銀魂の素晴らしいところはここなんです。

きっちりしっかり最後の細かいところまで

人物像の描写をお見逃しなく!

【タダの悪いやつ】にはしないんですよね。

 

ちゃんと伊東の居場所はあるんです。

ちゃんと伊東にもそれが伝わるんです!

 

と、まあここまで熱く語ってしまいましたけれども

最後の最後のシーンはさすがに

書かないでおこうかな。

続きは劇場で!って回し者でもなんでも

ありませんけれども・・・

 

なんて思ってたんですけども

 

ま・さ・か・の

 

感動のラストシーンを監督がネタバレ?!結末やいかに!

 

 

(本当にオチが載っているので要注意です)

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

ま・さ・か・の

福田雄一監督、映画化発表する全然前

素直に感想つぶやいちゃってました!(笑)

 

監督も感動してこのストーリーを選んだのですね!

 

本当に、最後の最後まで

しっかり細やかに登場人物たちの心情が描かれていて、

涙なしには見られない作品なのです。

 

 

ただし!!

今回は【真選組動乱篇】のみではなく

なんと【将軍接待篇】との融合なんですよね!

 

金欠の万事屋一行がバイト先で天下の将軍様と遭遇する羽目になる一方で、「真選組」は内紛劇によって始まって以来の危機に迫られていく。
やがて将軍をも巻き込む陰謀につながり、江戸中で大騒動が勃発するという最大の危機に、主人公・坂田銀時らはどのように立ち向かうのだろうか。

 

・・・ということですので

ここまで読んでいただいたのに

なんかアレなんですが、

【真選組動乱篇】の原作の内容が

どこまで忠実に反映されるかは分かりません(;_;)!

 

【将軍接待篇】はギャグがメインですが

こちら、かなり面白い内容です。

将軍のキャラが相当ぶっ飛んでいますので

もうそれだけで実写化は心配・・・(笑)

 

感動名作とギャグの濃厚な融合!

どのような化学反応が起こってしまうのか楽しみですね!!

 

スポンサードリンク

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回は真選組動乱篇の内容について

詳しく語ってしまいました!

柳楽優弥さんが「トッシー」になるのが

想像できないのですが(笑)

とにかく楽しみなのでキャストなどの続報も

またお届けしたいと思います♪

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です