江原騎士(ナイト)はかっこいいけどハーフ?強さは肩甲骨と筋肉にあり!【画像】

 

こんにちは!しおしおです!

 

2002年の横浜大会以来、

実に16年ぶりの日本開催となるパンパシ水泳2018!

パンパシ水泳とはパンパシフィック水泳協会の略で

8/9~14日の期間、熱い戦いが繰り広げられます!

 

今回はイケメンすぎる江原騎士(えはらないと)選手に

迫ってみたいと思います!

 

 

その甘すぎるかわいいマスクで既にたくさんのファンの方も

いらっしゃるようですね!

 

最後までどうぞお付き合い宜しくお願い致します!

 

スポンサードリンク

 

江原騎士(ないと)がイケメン!どんな人?

 

 

 

 

江原騎士(えはらないと)さんは1993年7月30日生まれ。

大会を迎える8月には、25歳になられます。

 

江原さんは山梨学院高校二年生の時に

インターハイ100m自由形で優勝し、注目を集めました。

 

山梨学院大学に入ると中距離自由形の選手へ転向。

2013年東アジア大会では400m自由形優勝。

200m・400m自由形で、国内上位をキープし続けます。

大学卒業後は自衛隊体育学校へ入隊。

さらに、その年の日本選手権400m自由形で優勝されました!

 

その後2016年リオデジャネイロオリンピックでは

800m自由形リレーで銅メダルを獲得!

 

さらにさらに、

2017年5月に行われたジャパンオープンでは、

200m自由形で萩野公介選手・瀬戸大也選手を抑え優勝!

 

ジャニーズ顔負けのイケメンなだけでなく

その実力と経歴は折り紙つきな訳ですね!

 

今までの経験値からも今回の大会では、

かなりの活躍が期待されています!

 

江原騎士(ないと)はかっこいいけどハーフなの?

 

江原さんのお顔は言わずもがな整ったかなりのイケメンフェイス。

 

 

加えて、「騎士」と書いてナイトと読むキラキラネーム具合

「実はハーフなのでは?」という噂もあるようです。

 

調べてみたところ、

江原さんにハーフという情報はありませんでした!

 

というか、ご両親が外国人の方であれば漢字で騎士と書いて

ナイトというひねりを利かせた発想には中々ならなそうですよね(笑)

 

この名前は、

「たくさんの方を守ったり支えたりできるナイトのような人になってほしい」

というお父様の願いからつけられたそうですよ!

 

江原騎士(ないと)強さの秘密は肩甲骨と筋肉にあり?!

 

江原さんは外国の選手や、

他の国内選手と比べてもかなり小柄な印象。

 

 

しかし、一度水に入ればそんなことを全く感じさせない

素晴らしい泳ぎと肉体美を披露してくださいます!

 

そんな江原さんの検索ワードには「肩甲骨」の文字が。

 

これには、江原さんの「速さの秘密」が隠されているようです!

 

江原さんは3歳から競泳を始め、

小学校の時にはすでに地元テレビが取材に来るほどの

天才スイマーだったんだとか!

 

全国インターハイ優勝した折の高校生の頃は

成人女性と変わらない体重は50kg。

 

さらに、今でも体重は60kgしかなく、

世界のトップスイマーと比べても肉体の差は歴然。

 

この細身の体でなぜ脅威のスピードを出せるのかというと、

まず1つ目は、筋肉は小さくとも、

水の抵抗を受けにくくなるそうなんです!

 

さらに江原さんの肩甲骨は非常に柔らかく、

人より10cm先の水をかけるんだそうです!

 

肩甲骨の可動域が人より優れているということなんですね!

 

なるほど〜!!

江原さんの柔軟な肩甲骨が注目されているということですね!

 

さらに江原さんの靭やかな筋肉も我々の目にいいだけではなく、

強さと速さの秘密であることは間違いないですね〜!

 

 

 

眩しい笑顔ですね〜!

 

さらに江原さん、腹筋も非常に美しいんです!

江原さんの美しいシックスパックはこちら!

 

思わずうっとり…

このかわいい笑顔とのギャップが素敵です!

 

スポンサードリンク

 

まとめ

パンパシ水泳2018に出場されるかっこよすぎる

江原騎士選手に迫ってみました!

小柄ながら、今までも素晴らしい成績を納めてこれらました!

今回の大会での活躍も期待されますね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です