【銀魂2】アドリブで崩壊?佐藤二朗は何役?!神楽か松平片栗虎?!【画像】

 

みなさんこんにちは!しおしおです!

 

6月23日(土)は今話題の映画

【50回目のファーストキス】の舞台挨拶がありましたね。

 

福田雄一監督の故郷、 小山シネマハーヴェストにて

福田監督と佐藤二朗さんのお二人が登場されたようです!

 

「この監督の作品にハズレ無し!」と言われる福田監督

「演技が超面白い!脚本いらずのアドリブの天才!」

と言われる佐藤二朗さん。

 

このお二人が揃うと終始笑わせてもらえそうですね!

 

そんな福田監督の最新作【銀魂2】

今から楽しみで仕方がありません!

もちろん「福田組」に欠かせないと言われる

佐藤二朗さんもご出演されますが

一体今回はどのような役柄なのでしょうか?

 

銀魂の前作も振り返りつつ

詳しく見ていきたいと思います♪

 

最後までお付き合いお願いいたします!

 

 

スポンサードリンク

 

佐藤二朗さんのプロフィール

 

 

佐藤二朗さんは1969年5月7日生まれ

俳優であり脚本家でもあり映画監督でもあります!

愛知県春日井市に生まれ、愛知郡東郷町で育たれたそうです。

愛知県立東郷高等学校、信州大学経済学部卒業。

フロム・ファーストプロダクション所属。

 

身長は181cmもあります!

あまり大きな印象はなかったので

びっくりしました。

 

代表作は数多くありますが、

やはり爆発的に人気になったのは

「勇者ヨシヒコ」シリーズがきっかけなのではないでしょうか?

 

脚本は殆ど無し佐藤さんのアドリブに託したそうですよ!

福田監督との化学反応が物凄いことになっていましたね。

 

ヨシヒコシリーズとの出会い以来、

福田監督作品に佐藤さんがご出演されるものは

すべてチェックしてしまう私ですが!

 

銀魂は一体どんなすごいことになっているのか

期待を膨らませて調べていきましょう!

 

【銀魂】2作連続出演の佐藤二朗の役は?

 

 

2004年に週刊少年ジャンプで連載が開始した漫画『銀魂』

最近は漫画が実写化されることが多いですよね!

 

銀魂は原作者の空知英秋先生の意向で

ずっと実写化を避け続けていたのですが

遂に去年、初の実写化!!

 

人気作「銀魂」には当然実写化のオファーが

たくさん来たそうですが空知先生は原作の世界観を守るために

それを断り続けていたそうですが

「ヨシヒコ」を見たときに

「この監督なら銀魂の世界を実写化してくれるかもしれない!」

と思っていたタイミングで

福田監督から実写化のオファーがあり実現に至ったそうです。

 

そんな記念すべき第一作目。

やはり福田監督作品に欠かせない

佐藤二朗さんはどんな役柄だったのでしょうか?

 

武市変平太って?

 

一作目は武市変平太を演じました!

 

 

武市変平太(たけち・へんぺいた)

鬼兵隊(きへいたい)のメンバーの一人。

 

鬼兵隊は堂本剛演じる高杉晋助を頭として

攘夷浪士で結成された武闘派の攘夷集団

 

かなり強くて危険な過激集団

わかりやすく簡単に言うと主人公たちから見ると敵です。

 

そんな恐ろしい最恐キャラに佐藤二朗さんが?!

と思いきや

 

【特徴1】

ロリコンである。

しかし本人はロリコンではなく子供好きの

フェミニスト(女性至上主義)だと主張している。

↑いや、それはロリコンですw

 

【特徴2】

周囲の人間からは変人扱いされており、

同じ鬼兵隊の来島また子(菜々緒さん)からは

「武市変態」(基本は「武市先輩」)呼ばわりされることもある。

もう全然強さ伝わらない・・・

 

【特徴3】

なぜ若い頃女学生の体操着を着てみたり

匂いを嗅いだりしなかったのか、と後悔している。

はい、ただの変態です。

 

 

前作の銀魂での佐藤さんの役柄が

ただの変態だということが分かったところで

聞き捨てならぬ情報が・・・

 

【銀魂2】武市変平太は登場しない?!

 

はい、そうなんです。

原作ファンの私は最初から不安でした。。。

武市先輩はもともと脇役なんです。。。

 

じゃあ今回、佐藤さんは・・・(;_;)?!

 

大丈夫!

ちゃんとご出演されます!!!

佐藤さんがいないと福田監督作品は

成り立たないんです!

って、監督も言ってましたし!

 

じゃあ今作の役は一体?!

 

 

 

そう!!

ヒロインの神楽ちゃんです!!

 

って、んなわけあるかーーーっっっ!!!

 

なんてやりとりでネット上を騒がせた後

ついに明かされた佐藤さんのビジュアル!!

 

 

しかし明かされたのはビジュアルのみ・・・

一体どこまで引っ張るんですか!!!

 

ネット上にもまだどこにもヒントが落ちていなくて・・・

これはあくまで私の予想なので外れたら申し訳ありませんが

松平片栗虎ではないかな??と勝手に予想しています。

 

公開されたビジュアルの中で

まだ顔が写されていないキャラクターと

照らし合わせて消去法・・・的な感じですが。

 

 

写真左上は万斉役の窪田正孝さん。

右上は鴨太郎役の三浦春馬さん。

豪華・・・!

下の3名が明かされていません!

(左からさっちゃん・将軍・松平片栗虎)

 

個人的には将軍役(真ん中)をやってほしかったのですが

ビジュアルが明らかにチョンマゲではなさそうなので残念。

 

ということは

とっつぁんこと「松平片栗虎」役かなと思うのですが、

松平片栗虎は堤真一さんがいいなあ〜という声が

ネット上で上がっているようなので

堤真一さんか佐藤二朗さんかでは

えらい違いになってきてしまいますけれども・・・(笑)

 

ちなみに

松平片栗虎は幕府の治安組織を束ねる警察庁長官です。

そんな真面目な役、佐藤さんはヤラナイカ・・・

 

いやいやいやいや

銀魂の世界を侮ってはいけません!

警察庁長官といってもこんな人なんです↓

 

公私混同は日常茶飯事で優先順位が「娘>保身>職務」

毎晩のようにキャバクラで豪遊し、所構わず拳銃を乱射する等、

とても警察のトップとは思えないメチャクチャな振る舞いと言動で

部下の近藤勲やその他役人達をいつも振り回している。

特に娘の栗子関連となると見境がなくなり、

相手がテロリストだろうが一般人だろうが容赦しない。

 
本人の戦闘力もかなり高く、

銃一丁で高層ビルに立てこもったテロリストを

たった一人で壊滅させる程であり、

出動すれば彼が通った跡は塵一つ残らないことから破壊神と呼ばれている。 

 

見た目が渋くてカッコイイキャラなので

堤真一さん絶対似合いますけど!

でも!

佐藤さんがやったらめちゃめちゃ面白そうじゃないですか?!

 

うーん、果たして誰役なのでしょうか。

早く発表してくださ〜い!(笑)

 

 

佐藤二朗の名物!銀魂2でアドリブは見られるのか?!

 

はい!絶対アドリブあります!

絶対また台本が真っ白だと思います!笑

というかアドリブしかないかも・・・

 

なぜそこまで言い切れてしまうかといいますと

前作の武市変平太役を演じられたときの

福田監督と佐藤さんの対談を見ていただければ

そこに答えがあります(笑)

 

(武市役はどうだった?という問いに対して)

福田: なんかフワフワ話をしているでしょ? これは原作を知らないからです。原作の武市がどういうキャラか分からないんです。いまとても困っているのが手に取るように分かります。 

佐藤: そうです、その通りです。でも、それは空知先生に「二朗さんは原作を知らなくていいので、好きにやってください」って直接現場で言っていただいたからなんです。 

福田: これ本当の話で、空知先生は、本当に二朗さんのファンなんですよ。

佐藤: 空知先生に、そういうお墨付きをもらったことを原作ファンのみなさまに言っているんです。その上で、武市変平太がどんなありさまになろうと「責任はすべて福田にあり」で臨みました(笑)。 

 

ということです!

前作の銀魂ではなんと原作や台本を敢えて予習せずに

撮影中にキャラを作っているんです!(笑)

福田監督と佐藤さんの黄金コンビならではの

面白すぎる発想ですよね!

 

そんな撮影現場ですから

もちろん他の俳優さんや女優さんが

思わずツボってしまったりすることもあります。

 

そしてそんなシーンを

使ってしまうのも福田監督ならでは!

 

前作で佐藤さんのアドリブに笑いを堪えきれず

菜々緒さんがツボってしまったシーン

全国ロードショー!(笑)

 

福田: 二朗さんのアドリブの1発目菜々緒ちゃんは崩壊してしまったのですが、そのシーンを使っているんです。本当に演出家としては申しわけないなと思っているのですが、この人は同じ演技が2度できないという特性があるんです。1発目がすごく面白くて、菜々緒ちゃんが笑っちゃったのは分かっていたのですが、2回目やったらとてつもなくつまらないものになるので、GOしちゃったんです。 

佐藤: 完全に同じことを2回できないって言いましたけれど、それは正しいんです。でも注釈をつけるなら、それは福田組に限りなんです。他の現場では、2回でも3回でもできます。福田組は、ちょっと遊びにきているような感じでもありまして、ボールの行方はボールに聞いてくれという感じなので「その前のテイクの芝居をもう一度」なんて言われても、なにをやったか覚えていないんです。 

福田: そうなんです。覚えてないから、僕がまねしてやるわけです。それをまた二朗さんがまねしてやるから、最初の5割減ぐらいのクオリティになるんですよ。 

 

インタビュー記事読んでるだけで

もう笑っちゃってます。わたし。

 

「福田組」ならではの何が起こるかわからない撮影現場。

何が起きても取り直しも不可能ということですね!

 

果たして今作はどうなっちゃうのか?!

佐藤さんのアドリブはもちろんですが

それにより崩壊する他の出演者さんにも

注目していきたいですね!

これはめちゃめちゃ楽しみです・・・!!!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

ここまで読んでいただけた方は

「銀魂2 掟は破るためにこそある」が楽しみで仕方ないはず!

私もそのうちの一人です。

果たして佐藤さんはどんな役なのか引き続き調査してまいります!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です