坂口憲二の難病の原因や理由は何?車椅子生活も…治る可能性や復帰は?

 

こんにちは!しおしおです!

 

ショッキングなニュースが飛び込んできました…

 

俳優の坂口憲二さんが(42)が3月31日、

国指定の難病「特発性大腿骨頭壊死(えし)症」のため、

無期限で芸能活動を休止することを発表されました。

 

 

所属芸能事務所「ケイダッシュ」も契約満了となる5月末で退社することも決定。

坂口さんは6年前から右股関節の痛みに悩まされ、3年前に手術も受けていたそうです。

 

大人気俳優なだけにショックを受ける声が寄せられています。

 

 

 

 

国指定の難病であるとゆう「特発性大腿骨頭壊死(えし)症」

この病気の原因や理由は何なのでしょうか?

坂口さんは完治され芸能界に復帰されることはあるのでしょうか?

この病気では一時車椅子生活を余儀なくされることもあるのだとか…

本日はこの難病について調べてみたいと思います。

お付き合いどうぞ宜しくお願い致します。

スポンサードリンク

 

坂口憲二の難病の原因や理由は何?車椅子生活も…

 

坂口さんの異変は肩の痛みから始まったといいます。

その痛みは徐々に股関節へと移り、あまりの激痛で歩行ですら困難になられたとか。
 
しばらくは松葉杖生活になり、病院での検査の結果
 
右股関節に水がたまっていると判明しました。
 
 
 
この「特発性大腿骨頭壊死(えし)症」とは、
 
大腿骨頭の一部の血流が低下し、壊死を起こす病気です。
 
人工の関節にする手術が必要になり、車椅子生活を余儀なくされます。
 
日本人がこの病気にかかる人数は1年で2000~3000人。
 
難病の人口としては多いように感じます。
 
 
さて、この病気になる原因としては
 
はっきりとしたことは分かっていません。
 
 
しかし、危険因子としては以下のことが挙げられるそうです。
 
 
・ステロイド関連
 
・アルコール関連
 
 
それらの量の目安としては、
 

「ステロイド薬を一日平均で15mg以上程度(代表的なステロイド薬のプレドニゾロン換算)、服用したことがある」
・「お酒を日本酒で2合以上、毎日飲んでいる」 
なお、ステロイド薬はいろいろな病気の治療のために使用します。既に処方されているステロイド薬を勝手に中止したり、量を減らすと、元の病気が悪化することや具合が悪くなることがありますので、決して自己判断で中止したり減らしたりしないでください。

出典:難病情報センター

 
との結果が発表されています。
 
 
もちろんステロイドの服用がこの病気に直結する訳ではないので
 
過度な心配は不要です。病気の治療に必要な際も多くあるでしょう。
 
 
しかし『お酒』とゆうことに関しては嗜好品ですし、この難病以外にも
 
飲み過ぎによる病気のリスクは数えきれませんので
 
飲み過ぎの自覚のある方(….私もです….)は、自己管理の必要がありますよね…
 
また『遺伝』的な問題でもないそうです。
 
 
ここで気になるのは坂口さんは飲酒をされていたのか?とゆうことです。
 
リサーチしたところ、キリンの発泡酒「淡麗(生)」のCMに抜擢された際の
 
インタビューがありました。
 
 
アルコール飲料のCMは初めてとなる坂口は「お酒は大好きで毎日のように飲んでいるので、『待ってました!!』という感じ!!」とゴキゲン。「酒はほぼ毎日、たくさん飲みますよ」と酒豪ぶりをアピール。元プロレスラーで父親の坂口征二氏と酒を飲むこともあるそうで「父のほうが強いですね」と照れ笑い。酒の失敗談を聞かれると「たまに記憶が飛ぶし、朝起きたら素っ裸という時も」と話した。
 
 
どうやらお酒は好んで飲まれていたようですね。
 
『たくさん』の度合いは人によって違いますし、お酒を良く飲む日本人は
 
世界的に見ても本当に多いです。これが原因だ、とは間違いなく言えませんし、
 
 坂口さんは体も鍛えられているプロファッショナルな方ですので
 
飲む以上に健康には気をつけていらっしゃったと思います。
 
直接原因は分かりかねますが、やはりいろいろな事を考えさせられますね。
 
アクティブな坂口さん。本当にかっこいいです。
 

坂口憲二の難病の治る可能性や復帰は?

 

坂口さんは3年前に行った手術後は日常生活に支障がない程度にまで痛みも減少。

ナレーションやDHC「プロテインダイエット」のCMで仕事復帰もされたそうです。

しかし、昨年3月に同CMの契約が終了した後、目立った活動はなくなり、

今年1月末に事務所側に活動休止と退社の意思を伝えられたそうです。

坂口さんは体育会系で何事も全力投球な方。

 

「自分の力をセーブしながら(仕事を)続けるのも困難だと考え、

このたびの結論に至りました」

 

とお話されています。

現在は半年に1回ペースで通院し筋トレなどでリハビリ中。

今後は治療に専念し

「体調を戻してから、自分のできることをやっていきたい」とのことでした。

 

ここまでの情報ではどうやら、ものすごく悪化し続けているとゆうような

印象は受けなかったのですが…皆さんはどう思われますか?

この感覚が正しいことを祈ります。

 

手術により痛みの軽減はされ、日常生活は送れるそうですが、『難病』なだけに

『治る』とゆう言葉がどのタイミングで適しているのかはわかりません。

 

しかし、千葉大学医学部附属病院整形外科の講師中村順一先生

 

かつて大腿骨頭壊死は「一度壊死が起きたら治らない」といわれていたこともありますが、壊死部分が圧潰しなければ、治ってくることも少なくありません。

 

と、語られていました。

 

今はリハビリに専念して、また坂口さんの素晴らしい笑顔を見れる日を

楽しみに待っています!

 

スポンサードリンク

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?坂口さんの難病の原因や復帰の可能性について

リサーチしてみました。また同じ様にこの病気に苦しまれている方も多く

いらっしゃるとゆうことと思います。私たちにできることは、知ることと

関心をもつこと。今のあるものに感謝して大事にすることだなと

つくづく感じました。お読みいただきありがとうございました!

坂口さんのご多幸をお祈りしております!

 
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です