【衝撃】チコちゃんの小さい中の人は誰?撮影風景や表情の仕組みとは?!

こんにちは!しおしおです!

皆さんは今話題のNHKで放送中の

「チコちゃんに叱られる!」という番組を

ご存知でしょうか?(NHK=金曜夜7時57分~翌土曜日再放送)

「チコちゃん」とは“好奇心旺盛で物知りな5歳児”という設定で、

2・5等身の女の子のCGキャラなんです。

ナイナイの岡村隆史さんをレギュラーとする解答者たちに、

常に上から目線で疑問を投げかけ、

答えられないと突然顔が巨大化し、白煙を吹いて

「ボーッと生きてんじゃねーよ!」怒り出すのがお決まりのパターン。

雑学系クイズ番組に、この毒舌CG五歳児とナイナイの岡村さん、

また、再現VTRの面白さやゲストのトークなど、

見どころ盛りだくさんで人気を博しています。

またそのチコちゃんの声優をあの木村祐一さんが

担当しているというので

そのフリートークの面白さも納得ですよね!

そんなチコちゃんに叱られる!ですが、

より話題となっているのはそのCGキャラクターの絶妙すぎる

動きや声とマッチした表情なんです!

チコちゃんの中の人は一体どんな人?

一体、撮影や編集はどのようにされているんでしょうか?

皆さんの疑問に迫ってみたいと思います。

最後までお付き合い宜しくお願い致します!

スポンサードリンク

「チコちゃんに叱られる!」小さい中身の人は誰?

まずは、チコちゃんを見たことが無い方は是非こちらを御覧ください!

※規制のためか定期的に黒い画面が挟まってしまうようです。

いや〜面白いですね!

チコちゃんが愛らしすぎます!

まず気になるのがこのチコちゃんの中の人ですね!

検索ワードに「小さい」というワードが挙げられるほど

みなさんこんなに小さい大人がチコちゃんの中に入っているのか

気になられているようですね!

↑この場合、木村さんが気になるということではありません…(笑)

確かに、チコちゃんかなり小さく見えますね!

着ぐるみに最適な身長は160cmだと言われているそうです!

やはり小さければ小さいほど、着ぐるみとしての

愛らしさや、非日常感というのは増していきますよね!

さらに番組のセットには

チコちゃんをさらに小さく見せる工夫

施されていることに気づかれてますでしょうか?

このように、回答者であるゲストが

かなり高い位置にいらっしゃるんですよね。

このような構図はクイズ番組では通常ですが、

回答者のみなさんが座っていないことでより

チコちゃんとの身長差をより視覚化しているのではないでしょうか?

なので、

驚くほど小さい人でなければならない!

というわけではなさそうですね…

それでも中の人は160cm代くらいではあると予想されますが。

チコちゃんの中の人のような着ぐるみを被って演技をする方のことを

スーツアクターと呼ぶそうです。

(女性であればスーツアクトレス

なんとあの唐沢寿明さんも元スーツアクターだったとか。

(しかし唐沢さんは公表されている身長が175cmとのことですのでかなり高いほうですね!スーツアクターにも戦隊モノなど需要は様々なようです。)

中の人のお名前などは残念ながら番組では公表されていません。

ミッキーマウスふなっしーと同じようにこのようなお仕事を

されている方は守秘義務があるかもしれませんね。

チコちゃんの動きは、木村さんの声にいち早く反応し、

ミッキーのような可愛らしい動きをするとともに

時には「ガチョ〜〜ン」のような昭和感溢れるコミカルな動きまで

その引き出しの広さは多彩なんです!

舞台などでも活躍されていたり、

コメディなども出来る方が演じてらっしゃるのではないでしょうか?

チコちゃんに叱られる!の撮影風景はどうなってるの?

さて、気になるチコちゃんの表情の仕組みについてですが、

これはもうCGであることはみなさんご存知ですね!

しかし、番組内で岡村さんたちが

チコちゃんの身体に実際触れていることなどから、

顔の表情だけがCGで着ぐるみは実際にその場で

岡村さんたちと撮影していることが見てとれますね。

さらに、チコちゃんの動きと声に合わせてゲストがすぐに

反応して会話をしている様子を見ると、

声をそのまま木村さんが同時にアテレコしている状態であるといえます。

その他の別収録の作業風景

表情のみCGによる後付と考えるのが自然でしょう。

(ちなみに表情だけというか頭全体がCGであるように管理人には見えます)

それでは実際にこのチコちゃんの表情の仕組み

どうなっているか非常に気になりますよね!

【衝撃】チコちゃんに叱られる!の表情の仕組みはどうなっているの?

これだけ精密に動くチコちゃんの表情は

1.キャラクターの表情ごとCGである

2.キャラクターの表情もとは人間である

どちらかであるといえると思います。

1.は読んで字の如く、

木村さんがしゃべったシーンに合わせてアニメのように

CGで表情を作っている。

この場合は、キャラクターの表情や言語パターンなどを

ある程度先に作っておく必要がありますね。

昔ながらのCGというのは、このような手はずでしょう。

2.は映画アバターのように、その表情を演じている役者がいる

「パフォーマンスキャプチャー」

「エモーションキャプチャー」と呼ばれるもの。

こちらは現在のハリウッドなので行われている最新のCG技術ですね!

見れば見るほど、やっぱりアバター凄いな…

あんな無機質のところでこんな演技を行っているのですね(汗)

これはつまり、役者の演技をCG化しているというものですね。

感情や精神状態までもCGに乗り移らせることの出来る

画期的な技術なわけですが…

チコちゃんくらいの自然な表情や豊かな表現が盛り込まれた

CGですと、こんな技術も取り入れられているのでは?

と思ったのですが、この番組の場合ですと

木村さん→役者さんのアテレコ→チコちゃん(CG)

と真ん中の木村さんのアテレコを聞いて

口パクと表情を作る役者さんをワンクッション挟まなければ

いけない訳ですのでそれはそれで大変ですよね(笑)

しかし、

もし木村さんのアテレコ自体がキャプチャーされているとすれば

話は変わりますね!

下記動画のように、

木村さんのアテレコそのものがチコちゃんの

表情の基盤になっている可能性

あります!

面白いですね〜!

天才てれびくんを始め、

NHKは早くからCG技術の番組に取り組んでいた印象があります。

このチコちゃんも、様々な力の集結で視聴率を集めるようになったのですね!

ちなみに番組内で公開された

チコちゃんのCGチームのお仕事風景がこちら!

やはり、結構な人数で構成されているのですね〜!

いつか、番組のメイキングの特集をやっていただきたいですね!

その際はまた情報を加筆したいと思います!

そしてこれからもチコちゃんファンとして番組を

楽しみたいと思います♫

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

チコちゃんに叱られる!の気になる中の人や、

撮影の裏側を深掘りしてみました!

今後もどんな雑学や驚きのCG技術でで私達を楽しませてくれるのでしょうか♫

最後まで絵お読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする