【裏技】バリの空港でUberやGrabが使えない時の解決法!

こんにちは!しおしおです!

皆さんは海外旅行はお好きですか??

近年LCCなどの発達により海外にも比較的お得にいけてしまうのは

旅行好きにとっては嬉しいですよね!

中でも日本人に高い人気を誇り続けるのが

ジャカルタのバリ島!

出典:Travel.jp

最近でこそ、物価は上がってきているものの

まだまだ、ハワイなどに比べると

格安で南国気分を味わうことが出来ます。

人々は親切で、神々の住む島とゆうだけあって

神秘的な雰囲気や景色を堪能することが出来るバリ島。

そんな人気のバリ島に旅行にいったなら、

とっても便利なタクシーアプリ

「Uber」「Grab」を使いたいですよね!

しかし、このバリでは最近、特殊な環境下ゆえ

タクシーアプリが使えないことが多くなっているようです!

本日は、バリでタクシーアプリが使えなくなっている理由

またバリの空港でタクシーアプリを使う裏技や方法までを

ご紹介したいと思います!

最後までお付き合い宜しくお願い致します!

スポンサードリンク

海外で人気のタクシーアプリ「Uber」(ウーバー)「Grab」(グラブ)って何?

最近は日本でも普及されてきたこの二大タクシーアプリ。

Uber(ウーバー)は、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリであり、

Grab(グラブ)はシンガポールミッドビュー・シティに拠点を置く配車アプリ運営企業です。

東南アジアではシンガポールが拠点である

Grabのほうが普及率が高い場合があります。

バリもその国のひとつです。

本日はこのアプリの使い方は割愛させていただきますが、

要は、GPSを使って現在地から行きたい場所を入力して

近くにいるドライバーに迎えにいてもらうシステムなのですね。

目的地を設定して、ドライバーを探すと、

だいたいの所要時間と値段も算出されます。

メリットとして、

・通常のタクシーを使うより料金がかなり安い。

・海外でぼたくられる心配がない。

・GPSで地図が表示され、そのルート通り行くためドライバーが迷いにくい。

などが挙げられます。

デメリットとしては

・GPSの読みこみが遅いとき、ドライバーとやりとりするのに手こずる。

・途中で行き先を変更する場合、運転手に言うのではなく

アプリを使って変更しなければならない。

とゆうようなところでしょうか。

しかし言葉の通じにくい海外でこれは大変便利です。

行き先を言った、言わないの間違いの防止にもなりますし、

何より、本当に申し訳ないくらい安いです!

(国にもよりますが)

海外旅行をスマートに楽しむならマストなアプリと言えます。

注意!「Uber」や「Grab」は日本でダウンロードして行こう!

ついつい旅の準備で後手後手になりがちで、

「まあいいや。向こうについてWi-fiを掴んだらダウンロードしよう」

と思っていると、悲しい目に合ってしまいます…

だいたいの方は、旅行先ではWi-fiのみを使い、

電話番号を使える状態にしていきませんよね。

実はダウンロード後、設定の際に

電話番号を使ったSMSメールで暗証番号のようなものが送られてきて

それを画面に入力しなければアプリは使えません。

SMSのメールが使える状態で設定をする必要があるんですね。

なので国内できちんと設定をすませて、使える状態にしてから

出国してくださいね!

電話番号(SMS)が使えないけど海外でどうしてもタクシーアプリを使いたい時の裏技!

とはいえ、

「アプリのダウンンロード忘れて現地に来ちゃった!

どうしても使いたい!」

とゆう方もいらっしゃるでしょう。

そんな時は正攻法ではありませんが

設定の際、日本にいる身内の電話番号を入力します。

そしてその身内にラインか何かで

「今からあなたの携帯のSMSにタクシーアプリから4桁の数字が送られてくるからそれを教えてくれ」

と頼みます。怪しい文だな

そして教えてもらった暗証番号を入力すると万歳!

アプリが使えるようになります。

(設定途中に行うのでややスピーディにやりとりができるよう相手の予定が空いてるときでないとダメです)

ただ気をつけたい点があります。

例えば、待ち合わせ場所にタクシーが来ないときや

相手の渋滞など、何らかのやりとりをしたいとき。

ウーバーにもグラブにもチャット機能はついていますが、

電話したほうが早いとゆうこともありますよね。

この時に先ほど入力した電話番号が使われます。

とすれば、どんなことが起きるかとゆうと、

私がジャカルタにいる際、

かなりややこしい場所でタクシーを呼んでしまい、

タクシー運転手が私のいる目的地を見つけられず、

(GPSもうまく働かず)

日本にいる私の母親の電話にジャカルタから鬼電が入る

とゆう事態が起こってしまいます。

気をつけましょう。

と言っても、日本だと違う電話番号を入れたら怒られそうですね…

とにかく日本国内で確実にダウンロードされることをオススメします!

バリの空港や街ではUberやGrabが使えない?!その理由とは

バリはタクシーのぼったくりで有名な国のひとつです。

物価も元々安いし、こちらがお邪魔させてもらってるので

ある程度は仕方ないよね、と思いながら

「お前それはやりすぎだろ!」とゆうことはよくあります。

本当に人はいいんですが…

さて、そんなバリで特にぼったくりなのが空港タクシー。

・空港(エアポート)タクシー

・個人タクシー

・メータータクシー

と、3種類ありますが、どれもかなりのぼったくり…

下手すると相場で55000Rp(約426円)のところを

250000Rp(約1940円)ほど払うはめになったりします。

バリのメータータクシーで有名なブルーバードという

安心信頼のタクシーで移動するのが最も安く安全なのですが、

このブルーバードは利権の関係から空港内に入ってくることが出来ないといいます。

出典:Potato Land

ブルーバードは空港内でお客さんを拾う権利を持っていないそう。

(お客さんを降ろす権利がはあります)

とゆうことは、勿論、

格安のウーバーやグラブもその権利を持っていません。

空港内に入ってくること事態出来ないのだそうです。

他のタクシー運転手の方々からしたら、

新しく参入してきた世界の格安のタクシー会社とゆうのは

困った存在なんですよね。

ぼったくりでも、彼らも生活するためなので、

格安タクシーたちにかなり厳しい目を向けているそう。

ウブドなどの人気の観光地でも

「NO Grab!!」と書かれた看板を見かけます。

人気の観光地で、観光客が格安タクシーアプリを使わないように

チェックされているようですね。

ウーバーやグラブのタクシー運転手の方たちも

結構ビビっているようです…

バリの空港や街ではUberやGrabを使う【裏技】!!

実は、バリのングラ・ライ空港で

ウーバーやグラブを使う裏技があるのです!

バリの空港は一階の出口を出ると

ロータリーと大きな駐車場になっており、

そこにタクシーが待ち合いをしています。

出典:バリ島ナビ

格安タクシーたちはここには入ってこれないそうです。

しかし…

実はこのバリのングラ・ライ空港。

三階にもロータリーがあるのです!!

空港内のエレベーターで三階にいくと

空港にタクシーでやってきた人を降ろす

降車場のようになっています。

運転手側が空港へのお迎えを了承してくれた場合、

チャットにて「三階で待ち合わせしよう」と伝えます。

もしくわ向こうからそのように指示があるでしょう。

(実質二階といったかんじですがフロア表記上は三階)

たまに「五階で会おう」とか言われますが、三階です。(笑)

三階に上がって、ロータリーで待っていると、

お迎えの車が来てくれます。ぎりぎりWi-fiも届くので

きちんと予約のナンバーなどを確認しましょう。

しかし、時には運転手事態が空港を避け、

迎えにきてくれないこともあります。

その時には、他の対策として、

空港を出て街でタクシーを拾うことをオススメします。

しかし空港を歩いて抜けるまで10分ほどかかるので

スーツケースなどを引きずっていると

日中はむちゃくちゃ暑いんですね…

また夜中は空港外でもタクシーの値段が

高くなっている可能性があります。

もし、アプリを使い慣れている方で、困っている方は

ご参考にして頂ければ幸いです!

※あくまでこちらは自身の経験談のシェアですので

全てにおいて自己責任でお願い致します。

スポンサードリンク

まとめ

近年どんどん便利になるタクシーアプリですが、場所によっては

逆に禁止されているところもあるようですね。

履歴も残り、タクシー運転手さん事態も犯罪に巻き込まれる確率が

減るとゆう利点もありますね!

日本でも利用拡大が期待されます!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする